Image_プロポリス

プロポリスは癌にいいという話です。

プロポリスは癌にいいという話です。

プロポリスは癌にいいという話です。
しかし、健康食品でしかありませんからこれだけで癌をなおそうとするのは危険です。
もちろん、西洋医学での手術や抗がん剤や放射線治療の補助的な治療としての位置づけになります。
そもそも、プロポリスは免疫力を高まるという説があります。
だから、西洋医学での治療で体力が低下した時にプロポリスをとっていると副作用が少ないなどの効力はあるはずです。
しかし、ガンの種類によっては健康食品を使ってはいけないと指示する医師もいますから、その時はやめるべきです。
あくまで、医師が何をとってもいいと言われた場合のみ使うべきです。
そして、健康食品といっても、自分にあわないこともあります。
実は粘膜が弱い方は、粘膜があれてしまう可能性もあります。
よく健康食品の業者さんは好転反応といってよくなるまでの反応といいますが、この状態では肝臓が悪くなっているはずです。
お金儲けの業者には騙されないようにするべきです。
やはり、西洋医学の医師が、健康食品を飲んでもいいと判断してもらって、さらに健康食品を治療の補助として扱っている医師の所へ相談にいくべきです。
そこでも、いろいろな検査をしてもらって自分の使っている健康食品があうかどうかを調べれることが大切です。


いまでは、西洋医学のみの治療に限界感じて他の方法をもちいて、なおりにくい癌がをなおしたりとか延命させるように努力している医師が増えています。
そして、こういう医師は、西洋医学の補助治療として健康食品などをすすめます。
なぜなら、ガンがどれだけ怖いのか知っているから抗がん剤を否定しないのです。
そして、医師として治療をしていますから、健康食品をとった場合の西洋医学の治療の成績と、何もとってない場合の治療の成績の違いをデータとしてもっています。
そのデータによると、はるかに健康食品をとりながら、治療をした方が治療音副作用も少なく、癌がなおったり、あるいは医師が言うよりかなり長く生きられます。
ちなみに健康食品も一緒に使っている医師はインターネットで簡単に探せます。
しかし、医師が奨励しても考えられないほど高額な健康食品を勧めるような医師はあやしいです。
やはり常識的な金額の健康食品なら安心です。
その点、プロポリスはそんなに高額なものではありませんので、大丈夫です。
さて、ガン治療をされているみなさん、一度そういう医師をたずねて治療を考えてみたら、よくなる可能性が大きいはずです。
総力戦でガンをやつけることを考えるべきです。